ストリーミングサービス研究グループ


目的と背景

  • グループの目的
    • 動画・音声・音楽ストリーミングサービスの社会的な影響についての研究、調査、報告
    • 国内ストリーミングサービス事業者のレベルアップ
  • 背景
    • Internetにおける動画・音声・音楽ストリーミング(以下ストリーミング)は、その誕生から四半世紀が経過し、直接的な国内市場(動画広告、定額制動画配信)のみでも約6,000億円を超え、メディアとしても(若年層については)テレビを超える接触時間を持つNo1メディアとなりました。
    • ストリーミング事業者は、その影響と責任について考えるべき時期に来ています。例えば、Internetのトラフィックの6~7割はストリーミングであり、ストリーミング事業者は、日常のInternetにおいても、トラフィックの最適化に努める責任を持っています。さらに、災害などの有事においては、Internetを有効に活用するために積極的なトラフィック管理が必要です。
    • また、ストリーミングの約半分(全Internetトラフィックの1/4程度)は、YoutubeやNetflixのような大手ストリーミング事業者により配信されています。そして、これら事業者は、自社開発のCDNにより高度なトラフィック制御を行い、ISP事業者との配信コスト負担について有利なポジションを取っています。一方、国内ストリーミング事業者は、ほぼトラフィック制御をCDN事業者にまかせるだけで、技術も人材も持っていません。また、総務省を中心に国内トラフィックの最適化に向けた活動も行われていますが、ISP等のネットワークオペレータが運用情報の交換を行うだけであり、トラフィックを管理しているストリーミング事業者による根本的(アーキテクト的)な活動は行われていません。
    • また、ストリーミングは、確実にユーザの支持を得ており、すでにラジオを超え、近い将来テレビを超える接触時間を持つメディアになると思われます。一方、そのコンテンツや広告は野放しのままであり、何ならかのアクションが必要になっています。

活動について

  • 運用体制
    • 当面は、鍋島が取りまとめを行う非公式なグループとして運用します。
  • 当面のゴールと活動
    • ストリーミングについて近々の課題であるネットワーク関連の現状・課題について包括的なホワイトペーパーを作成します。
    • ホワイトペーパ作成は鍋島が行い、結果について月1回の勉強会で報告・議論を行います。

勉強会日程

すべてオンライン開催かつメンバーのみです。

  • 第1回
    • 2022年6月2日(木) 14:00~15:00
    • コンテンツ、メディア、CDNからみたトラフィックトレンド
    • スピーカー:鍋島
    • トラフィック単価、OTT各社業績、サービスシェア等につての調査結果報告
  • 第2回
    • 2022年6月9日(木) 14:00~15:30
    • インターネットトラフィック最新事情2022
    • スピーカー:KDDI熊木さん、Intec永見さん
    • キャリア側からみたトラフィックの現状についての報告+議論
  • 第3回
    • 2022年7月20日頃
    • vMVPDの動向について
  • 第4回
    • 2022年8月(予定)
    • トラフィックトレードのパワーゲームと通信の中立性
  • 第5回
    • 2022年9月(予定)
    • CDN入門と国内実装状況(サーバ配置、GSLBの現実)、BBC等の状況

ホワイトペーパ目次

  • ストリーミングの現状
    • Internetにおけるトラフィックシェア
      • Cisco以外の調査結果(CiscoのVNIは怪しい)
      • 国内ISP等:NDA締結後に統計情報を入手
    • OTT各社のトラフィックシェア
      • Sandvine等による調査結果、国内ISP
    • 国内市場規模
      • VoD:成長鈍化?
      • 広告:まだまだ伸びる?
    • メディアとしてのポジション(接触時間等)
      • 現状、良い調査がない
  • メディア配信の現状
    • Internetのコスト負担
      • IXでの対等接続、トランジット購入
    • CDN基礎
      • 配信サーバ、GSLB、バックエンド
    • CDNビジネスの現状
      • セキュリティ・Web:高利益率、メディア配信:原価ぎりぎり
    • マルチCDN
      • サーバサイド、プレイヤーサイド
    • マルチキャスト
      • 網側の対応は進む、プレイヤー側は後退
  • 大手ストリーミング事業者のサービス実装
    • CDN各社
      • 国内サーバ配置、自社開発配信サーバのスペック
    • OTT (Netflix、YouTube)
      • 自社開発CDN、自社開発配信サーバのスペック
    • 放送再送信
      • 英国BBC:BIDI(自社開発CDN)
      • 韓国KBS:Amazon AWS
    • 国内リクエストナビゲーションの実際
      • 第三者視点での調査結果
  • トラフィックに関するパワーゲーム
    • OTT・CDNとISPの協力
      • 無料コロケーション:Netflix Open Connect、GGC (Google Global Cache)、AANP (Akamai Accelerated Network Program)
      • レベニューシェア:Ericsson UDN (Unified Delivery Network)
      • CDNサーバ共用:SVA Open Caching
    • CDN間の協調
      • CDNフェデレーション、OnAppモデル
    • 訴訟(Netflix)
      • SKブロードバンド(2021)、COMCAST(2014)、COGENT(2012)
  • 課題
    • 災害時等におけるサービス運用
      • ビットレート抑制
    • ストリーミング視聴QoE
      • 国内InternetのQoE状況を各社QoEデータを持ち寄り標準化
    • 国内におけるストリーミング専用配信基盤
      • Youtube、Netflix、BBCのような独自の配信基盤を日本国内で構築運用
    • スマートフォンへのモバイル配信
      • 5G Broadcast、WiFi Multicast、AL-FEC、HARQ

参加資格と申し込み

以下のGoogle Fromへの記載をお願いします。グループからの連絡はメーリングリストを予定しています。

https://forms.gle/SgxFvR6gnh1h13at7

また、深い議論を行うために以下の参加制限を設けたいと思います:

  • ストリーミングサービス事業に関わっている方(メーカー、商社、ISP等の方はご遠慮ください)
  • ある程度以上の業務経験を持たれている方

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です